2024.06.13 Thursday

アーカイブ

2023-07-15 18:08:00

過去問演習ってどうやるの?②😲やり方編

このブログでもあたり前のように過去問演習って言葉がでてきますが・・・

受験する学校の過去問演習って具体的にどう進めていくのだろう!?😲

って話ですね

 

目的編につづく今回は具体的なやり方☆

です。

 

DSC_0714.jpg

 

まず

9月から1月までで解く量です。

第一志望校・・・過去問集に載っている問題すべて(赤本なら大体10回分)

第二志望校・・・5回分

第三志望校・・・2~3回分

 

というのが標準的かと思います。第三志望校が少ないように感じるかもしれませんが、第三志望校は2,3校あることも多いですし、逆に第一志望校が2校ある場合などもありますので、このあたりが現実的なところかと思います。

 

目的編で読んで頂いたように

目的の①は「入試問題の特徴を知り慣れる。」

このためには実際の入試を受けている状況に近い状況にする方がいいわけです。

 

準備・演習時のポイントは2つ

 

   解答用紙を実際の入試と同じ大きさコピー(プリントアウト)し、そこに記入する。※問題用紙も同じ大きさが望ましいがマストではない。コピーはした方が良い。

   実際の入試と同じ制限時間で解き、できたところまでで目安の点数をつける。※時間がきたところで印をつけ、時間延長して解けるところは解いた方が直しや作戦が立てやすい。

 

kaitou-yoshi.jpg

 

補足ポイント

 

・9月以降は日曜の塾なども始まり時間がないので9月~12月までで過去問を解くスケジュールを立てておく。

・スケジュールを立てる際は土曜の午前中や模試の日の午後などをうまく使う。

・スケジュールは詰めすぎない。予定通りにいかないときでも修正できるように余裕を持たせる。

・4教科連続して解かなくてもよい。1教科ずつなど分けてもよい。

 

採点時のポイント

    国語の記述部分の採点は塾の先生などのプロにたのむ。

    解いたその日のうちに採点する。

 

復習時のポイント

 

   まず間違えた問題を分析して、

取らないといけなかった問題、

できたら取りたかった問題、

取れなくても仕方ない問題に分ける。

 

   取らないといけなかった問題とできたら取りたかった問題を

理解し解きなおす。

 

勉強様子_ss.jpg

 

以上です。

結構大変ですが、とにかく解きっぱなしでは、得点力向上は望めませんから

絶対に復習して下さい!!☺

何度も言いますが大事なのは目的編の目的④⑤です!

~過去問演習ってどうやるの?①目的編は必見です!~ 

 

~次回、過去問演習コピーは大変編につづく~

☺応援してください!☺

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ

にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ
にほんブログ村

中学校受験ランキング
中学校受験ランキング

 

☆中学受験のプロ家庭教師☆

 家庭教師.jpg 

プロフィール

 

 相談受付中!

 

メニューからご予約下さい😄